音と手仕事 ときどきゲーム        

ingress(アプリ)をiPhone6plusで始めてみた その1

スポンサーリンク

ingressというモバイル用のアプリゲームを入れた。

 

キャッチコピー

"The world around you is not what it seems." (あなたの周りの世界は見たままとは限らない。)

・・・・・やだ カッコイイ(中二病的な意味で)

そんな風に胸をときめかせつつ携帯端末(イングレス世界を楽しむためのスキャナー)でイングレスを起動してみて実世界をあるくとそこいらの道祖神やら地蔵やら はたまたレストランのキャラクター人形とかが重要な拠点として早変わりといったこれまたSF脳を刺激する素敵な設定。

Ingress

Ingressとは編集

なんだか楽しそうじゃありません?

それで早速昨日の夜入れてしまいました・・・・・ぐぬぬぬほぼ英語。

でも楽しいことならちょっとやそっとの困難も寧ろスパイスと

自分に言い聞かせながら登録を進めていきます。

グーグルのゲームだからグーグルアカウントが必要なのでなるべく匿名性

高くしないとなあと思いつつ適当に名前を決め入力したところで決して変更できない

二択を迫られます。

   「Resistance(解放軍)」「Enlightened(覚醒派)」どっちに所属しますか?

世界を二分している二大勢力のどっちにつけばいいのかの結論なのに

結論迫るの早すぎじゃ?

政権演説みたいなのもないし うーむ。

でどうせならと近所にいない側の色の軍をぽちりました。

 

わはは。これで私もイングレスエージェントだ。