読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音と手仕事 ときどきゲーム   

ミュージカル『シャーロック ホームズ2 ~ブラッディ・ゲーム~』見てきた 勝手な感想

cinema&drama music

 

 

f:id:ginyoudou:20170423141810p:plain

 

 

縁あってみてきたのだけどボリュームたっぷり見応えたっぷりで、1を見ていない私でも楽しめた。(二日目に行きました)

橋本さんはさすがだなあ。元々スペースパターンが大きく舞台映えする役者さんだったけど、歌も磨きがかかって兎に角魅力的だった。

別所さんも勿論歌うまくて演技もうまいし華のある役者さんだけど、多分余分な予想を外す動きがないのかなと思う、両方とも優等生的かっちり感がある、そのせいで橋本さんが目立ってしまうんだろうなと。

これはいい面と悪い面があって、橋本さんがテレビドラマに出るとやたら五月蠅くて内容に集中できない・・・・・・・・・大ファンなはずなんだけどもおかしいな。

鞭で打ってくれって言うときに体の動きが嬉々として見えてしまうのは私がおかしんだろうな きっと。

 

一路さんの舞台を最後にみたのは映像のベルばら以降初めてというとんだご無沙汰ぶりだけど、立ち振る舞いが綺麗でよかった。歌も独特なところが個性だなあと。

 

秋元さんは身長も高くて声もすなおな感じだからこれからどんどん仕事来るだろうと。歌い始めると目が見える感じになってしまうのは、緊張しているせいで、これから数をこなしていけば大丈夫になるはず。

 

全体の感想としては複数を演じる出演者達のダンスも歌も良かったし、話も単純でわかりやすく、舞台上の走査線のような光の演出も綺麗だった。

 

惜しむらくは生音のはずの音楽で、撮るマイクが悪いのか撮り方が悪いのかなんなのかわからないけれど、実は最後まで生音と気づかなかった。(耳がゴミ耳なのかもしれないけれど)なんでこんなに籠っているんだ・・・って思って何度もスピーカーをみてしまった・・美しくて複雑なスコアなのに勿体ないなあ。。誰か何か音響さんに言わないのかな。

 

トータル的には2でもちょっとお高くても見ることができるのであれば見るべきって舞台だったと思います。橋本ホームズは歌だけでも聞く価値あり。上手いのと魅力を兼ね備えてます。

 

東京では10日までやっています。 おすすめ。

 

 

---

追記

 

苦悩するときの演技は踊りによったものより、スパッと切り替えて演技主体になった方が好みだな。そういう割合がミュージカルの難しいところだと思う。