読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    音と手仕事 ときどきゲーム        

今更知った 池袋リブロ本店が閉鎖がショック

スポンサーリンク

Twitterほとんど見てないから知らなかったよ。。。(下書き書き始めたのがゴールデンウィークでした おそっ!)

 

 

www.cinra.net

 

この記事にあるとおり、池袋リブロは書籍の展示法 企画がよかった。

美術とか芸術 趣味の棚に行くことが多かったのだが、こういう嗜好の人はちょっとジャンルが違ってもこういうものに興味を持つのではないか?そしてこういうものを探して動くのではないか?という動線予測が適格だったと思う。

 

私は学生時代池袋リブロは頻繁に通っていたのだが、コピーで作った無料ミニコミみたいなのを設置するコーナーがあって、そこにも色んな人の文章が置いてあった。

私は芸術系学生だったので、手作りフライヤーとかにも随分刺激を受けたものだ。 

  

 

日販とトーハン問題

 

mjdsk.jp

 

池袋リブロは全国書店売上げ12位という大人気店なのになぜ閉鎖なんだああ と思っていたが、この記事をみてあああああああああと大変納得した。出版社や本屋 印刷関連に努めたことがある人ならわかるだろうけれど、本の流通には取次という流通会社を介在しているのが大部分である。

で その大部分のシェアがトーハンと日版で占められていてライバル企業なのだが、セゾングループの会長は保守派といわれているトーハン出身。

かたやリブロは日版子会社。なるほど。

 

blog.livedoor.jp

 

周りにある本屋は 東武の旭屋 junk堂なのだが芸術系の品ぞろえはリブロは結構良かったと思う。旭屋はブックカフェができたから、本が汚れるのがちょっと嫌なのと本屋さんでは印刷物の匂いだけ嗅ぎたいからあまり行かないし、 junk堂は図書館代わりに使ってる人とソファーで寝てる人が多いのが結構嫌だったりする。

 

あー やっぱりかなりショックだわ。

 

 

 

リブロ

‏@libro_jp
【New②】書籍館1階カルトグラフィアコーナーで5月14日(木)より「本棚から見る、リブロ池袋本店の40年」という企画を行います。http://www.libro.jp/blog/ikebukuro/event/40.php … 1975年9月、西武池袋本店本館11階に「西武ブックセンター」が誕生して今年で40年。

 

これは気になる。